契約トラブルや悪徳商法のクーリングオフと中途解約

悪質商法など納得できない契約のクーリングオフ手続を代行します。

クーリングオフと中途解約

クーリングオフ期間を過ぎた中途解約の書類作成もサポート。日本全国対応の遠山行政書士事務所。

クーリングオフと中途解約の代行

クーリングオフや中途解約の書類作成と発送を代行します

納得のいかない商品やサービスにお金を払い続けるのは嫌なものです。特にそれが悪徳商法だと気づいた場合には、すぐに解約をして関わりを絶たないといけません。

そんなときは、迷わずクーリングオフをしてしまいましょう。
クーリングオフをした消費者に再勧誘をすることは特定商取引法で禁止されています。
あれこれ悩む前にクーリングオフの通知書を郵送するという行動が大事なのです。

クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合には、中途解約を検討することができます。
エステティックサロン・結婚情報サービス・パソコン教室・学習塾・語学教室・家庭教師の6業種については、中途解約をする場合の清算基準が法律で定められています。
また、マルチ商法(ネットワークビジネス)も一定の条件がそろえば中途解約は可能です。

クーリングオフや中途解約の手続は、やりとりの証拠が残る内容証明郵便を利用するのが適しています。
でも、内容証明郵便の手続は面倒だと思う人も多いものです。

「内容証明郵便に何を書いていいかわからない」

「日中に郵便局まで出向いて内容証明郵便の手続きをするのがわずらわしい」

こんな理由で放っておいたら、日数が経過してしまうこともあるでしょう。

そこで、当行政書士事務所の内容証明郵便の代行サービスをご利用ください。
ネット専用のサービスですから、メールとFAXのやりとりで手続が完結できます。
土日や夜間でも、メールの受付はしております。
平日に消費者センターへ訪問する時間がない方にも最適です。

手続は有料ですが、あなたが安心できるまでキッチリとサポートさせて頂きます。

【PR】
マイナンバーの管理には秘密保持誓約書と就業規則の整備を

リース契約の中途解約について

事業者同士のリース契約は、原則として解約は出来ない厳しい契約です。
それでも、リース機器の用途について家庭使用が大部分であったり、機器納品前の場合はクーリングオフができます。

その他にも勧誘時の説明と実際が明らかに異なる場合などは中途解約を検討できますが、一般の消費者契約よりは解約が厳しいことは事実です。

その他の契約の中途解約について

その他にも詐欺的な悪徳商法であったり、契約期間内なのに業者が倒産してしまいクレジットだけが残るようなケースなど、中途解約やクレジット支払いの停止を検討できるケースはあります。

現状の消費者契約に不満があるという方は、解約の可能性についてお気軽に当事務所へお問い合わせ下さい。

行政書士は書類作成の専門家です

行政書士は権利義務や事実証明に関する書類作成の専門家です。
あなたが解約したいと考える契約について、その理由を整理して解約の根拠を明確にした文章を作成し、内容証明郵便等を利用してその文書の発送を代行します。
但し、行政書士には代理権は無いため、相手方と交渉を行うことはできません。また、相手方と法的解釈が異なって要望が受け入れられない場合には、ご支援の限界となります。
そのようなケースでは、弁護士への依頼も視野に入れて行動して頂く必要はあります。

消費者契約の中途解約の申入れ書類作成はお任せ下さい

当サイトでは、これらサービスの中途解約についての申入れ書類(通知書)の作成をご支援しております。
法律に沿った手続で、後腐れが無いように解約をしたいとお考えでしたら、是非とも申込フォームよりご依頼下さい。

 

以下は遠山行政書士事務所が運営するサイトです

遠山行政書士事務所
業務の総合案内サイト